眩神教

眩神教とは、眩神ヴァグナを信仰する集団のこと。教典は「大ヴァグナリア聖典<ギグ・ヴァグナリス>」。
ヴァグナ神以外の光の神の存在を許さず、ともしびの神アイを奉ずるミウアイ族を滅ぼす理由の一つとなる。

  • 眩神教における「光」は「世界の隅々まで見渡したい、全てを知りたい、闇の中にいたくないという人間の願いの集約、暴走する叡智と技術の光」という概念的なもの。
    (黒川氏のイメージは「インターネットや核エネルギー」)
  • また、かつて科学技術が発達していた時代にヴァグナリア人は自分達が『銀河の辺境のちっぽけな存在』であるという事実を知るが、その知識は彼らにとって耐えられるものではなかった為に『夜の孤独を忘れさせてくれる閃光への信仰』を必要とした。

  • 就寝時の挨拶は「お休みなさい、閉じた瞼の奥、暗い夢をも貫く閃光<ヴァグニス>を!」
    起床時の挨拶は「崇めよ、永遠に沈まぬ閃光<ヴァグニス>を!!」
    • ただし上記の挨拶をするのは教団の中でも高位にある者のみのようである。
      一般市民は「閃光を」「閃光」等ですませる。眩神教にとっては夜などありえないものなので昼夜問わず「閃光」で挨拶がすむ。

内部関係図

vagnarium_kankei.jpg
 ※2条の紀章は「V」のような形になる

人物

ゼゼルカリスタ4世

 →ゼゼルカリスタ4世 のページ参照

ルスロ

 →ルスロ のページ参照

階級

黒川氏発言より

・閉じた瞼の奥、暗い夢をも貫く閃光を!(←眩神教のおやすみの挨拶です)
・永遠に沈まぬ閃光を!! **(返しのあいさつ)
・閃光を! **(返しのあいさつ @ツイートより)
・「崇めよ、永遠に沈まぬ閃光<ヴァグニス>を!!」←これが「おはよう」ですが、だいたい眩神教の上の連中しかフルでは言わずに、庶民は「閃光~」「閃光を~」で済ませます
・ビジネスメールで「閃光<ヴァグニス>を!」だけ書いたら「なんだこいつ…」ってなりますからね!「崇めよ、永遠に沈まぬ閃光<ヴァグニス>を!」をフルで記し、その後で時候のあいさつ「本日は眩神ヴァグナの御心もめでたく、日差しも暖かで…」です。
・基本的には「閃光<ヴァグニス>」を入れ込めばOKです!「汝に閃光あれ!」(行ってらっしゃい)のように。もう最高にめでたいって時は、「大閃光<ギグ・ヴァグニス>」を使います(ヴァグナリア語は語頭に濁音があればあるほど魔力があります)。





編集者向けコメント

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2017-04-07 21:57:13

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード