ヴァグナリア語

ヴァグナリウムで使われている言葉。濁音を尊ぶ。
  • ラテン語を元にした黒川氏による創作言語。
  • 「大地が太陽の周りを回っている事を象った」「正八面体の光とx軸・y軸・z軸を使った立体的な文字」を使用。
  • 文字そのものに魔力が宿るため、現在の地動説から天動説へと移行すると文字の本質と共に魔力を失い、ただの記号となる。
    • 「ヴァグナリア語のフォント作るよ!」と軽い気持ちで提案した藤村シシン氏は「これを作っている黒川さんが私には手に負えないほど頭がいいので全く理解できなかった」「(結晶の?)八面体を三次元…xy軸に加えてz軸で動かしてそれに光を当ててその反射でどうのこうの」……と、その難解さを『ヴァグナリウム不可視の夕暮れ × 漫画家のマンガサロン』で語った。(2017/02/04)


ヴァグナリア語の例(ヴァグナリア大賛歌)

【ヴァグナリア大讃歌 第1番~汝、留まるな、蒙昧(もうまい)な夜の中に~】(古ヴァグナリア語の原詩)

VAGNIS VIOS! VAGNIS VIOS!
ヴァグニス ヴィオス ヴァグニス ヴィオス
(閃光あれ!閃光あれ!)

los alnas, arco haustim-e necta neusta
ロス アルナス アルコ ハウスティム エネクタ ネウスタ
はるか昔 この大地には蒙昧な夜と

es fosta orca lemma-la ennea ennera
エス フォスタ オルカ レンマーラ エンネア エンネラ
藹々と広がる暗き森のみがあった

e-Simua'ham arraum treti, es ati
エー シミュア ハム アッラウム トレティ エサティ
我ら<シミュア>の子らは 木々に囚われ

al flotis prri sliium, arcem crau-e
アル フロティス プッリ スリーウム アルケム クラウエ
風に消えゆく灯に縋り 地を這っていた

VAGNIS VIOS!
Ya, nai yem nocta neusta vias!
ヤ ナイ イェム ノクタ ネウスタ ヴィアス
「汝、留まるな、蒙昧な夜の中に!」

eg semde, giam es deuzam Vagm
エグ セム デ ギアム エス デウザム ヴァグム
我らは見た その産声と共に昇る光明を

VAGNIS VIOS!
galva bas, nocta, zeltis galde!
ガルヴァ バス ノクタ ゼルティス ガルデ
「焼き払え 夜を、叡智の炎で!」

eg semde, zeltem arresgam darce
エグ セムデ ゼルテ マッレースガム ダルケ
我らは見た 地の果てにも届くその叡智を

VAGNIS VIOS! VAGNIS VIOS!
vaugg, vaugg, egtem digas
ヴァウグ ヴァウグ エグテム ディガス
眩きかな、眩きかな、我らの神は!

zeltis galda vagna tives
ゼルティス ガルダ ヴァグナ ティベス
叡智の炎をもたらす光明

narte falgam jecte galna
ナルテ ファルガム ジェクテ ガルナ
落日を知らぬ不沈の太陽よ

VAGNIS VIOS! 
gar vavar vagnis vios
ガル ヴァヴァル ヴァグニス ヴィオス!
万物を照らす閃光を!

VAGNIS VIOS!
zam jeder vagnis vios
ザム ジェデル ヴァグニス ヴィオス!
永遠に沈まぬ閃光を!


※シミュア…ヴァグナリア神話における最初の人間

黒川氏発言より

・ヴァグナリア語はなんちゃってラテン語風でした…。
・「最初の人間<Simua>は、ラテン語の<simia(猿)>をもじってる…!?」「これだから困るんですよね…!詳しい人に見られるのは…!!」(藤村シシン氏の指摘と黒川氏の回答)




編集者向けコメント

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2017-07-16 23:04:11

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード